2007年01月31日

日本の家に油絵が入るまで

兵庫県立近代美術館
「日本美術の十九世紀」
1990 A4版135頁

21984.jpg

なんとも興味を引かない題名ですが(失礼!)、作品の珍しさよりも企画の面白さ(失礼!)で読ませ、見せる図録です。

明治期に西洋絵画が日本に入ってきたものの、日本の家には絵を飾る場所がなかった!
言われてみれば、そうですね。昔の日本家屋の部屋は障子・襖と柱に取り囲まれているわけだから。
絵を飾ろうと思えば床の間しかない。しかし床の間には西洋絵画は入らない!
この問題を解決しようとする高橋由一の苦闘に一章が割かれます。
今でも、ミョーに高い位置に絵を飾っているお宅があります。絵を見上げるようにして鑑賞するわけです。
ある時、ふと気が付いたのですが、これは「扁額」の感覚が、まだわれわれの体の中に残っているからではないでしょうか。

以上のような話のほかに、「写真と絵画」「見せ物から展覧会へ」などの話題を軸にして、「今ではもう、美術館を訪れ、壁に並んだ額縁入りの油絵を眺めれば、誰もそれが美術鑑賞だと信じて疑わな」くなるまでの日本社会と美術の関わりの変化を追った、とっても面白い図録です。
posted by 氷川書房 at 18:55| この図録が面白い!

2007年01月30日

風刺はあやうい針

埼玉県立近代美術館
「ニッポンの風刺」
1993 A4版152頁

21978.jpg


ポンチ絵画家でもあった小林清親、本多錦吉郎、田口米作、北沢楽天、下川凹天、小野佐世男、そして「東京ポンチ」や「滑稽新聞」など、明治以降戦前までのポンチ絵、風刺漫画200点以上を集めた図録。
風刺の毒は小気味良いものですが、戦時中には総力戦の一翼を担わされるている作品を見ると、何とも言えず悲しくなってきます。
「抵抗」ではなく、「反骨」とも少し違う、斜に構えた「冷笑」の限界をそこに見るからでしょうか?

「風刺はあやうい針だ。急所をうまくつけば、のちのちまでも警鐘の範として輝くが、まとをはずせば、毒は自身の体内にめぐってくる。かつて笑いをうながした絵も、時を経てみれば、逆に失笑を買うこともある」−解説の丹尾安典氏はこう述べています。
posted by 氷川書房 at 18:52| この図録が面白い!

2007年01月29日

赤煉瓦

横浜開港資料館
「日本の赤煉瓦 1854-1923」
昭60 B5版71頁

21311.jpg

この図録は珍しい。なかなか手に入りません。

街角の近代建築を「赤レンガ」などと呼ぶことが多いですね。
以前、勤務先が日比谷公会堂(市政会館)の中にありました。
会社の人たちは、外部の人に道案内をするとき、「○○交差点の角の赤レンガの建物」と言っていました。
実際には、日比谷公会堂は昭和初期の建築で、耐震性に問題のある煉瓦造の時代はすでに終わり、鉄筋コンクリートにタイル貼りなのに。

古い建物はなんでも「赤レンガ」なのです。
「赤レンガ」の印象は、それほどに強烈、ということだと思います。

でも、その赤煉瓦が、誰に、どのように作られたかなど、考えたこともありませんでした。
「西洋数千年の煉瓦の歴史を、僅か五、六十年に圧縮して体験した日本」を詳説した非常に面白い企画展です。
圧巻は「赤煉瓦刻印聚覧」と題して、98種類の製造元刻印を写真付きで紹介した一章。
わが葛飾区の東京拘置所こと「小菅集治監」も煉瓦製造の一大拠点として、明治初期の西洋建築を支えたのですね。
posted by 氷川書房 at 18:49| この図録が面白い!

2007年01月28日

名物裂

五島美術館
「名物裂−渡来織物への憧れ」
2001 25X26cm 251頁

21881.jpg21881-2.jpg

名物裂に関する本は多いですが、そのものズバリ「名物裂」をテーマにした展覧会は、あまりないように思います。
本図録は、名物裂167点を収録したうえ、毛利家・前田家・近衛家・松平不昧公・三井家など旧蔵の「名物裂手鑑」23種、さらには「古今名物類聚」の「名物切之部」全丁の図版が載っている(もちろんすべての図版はカラー)−という「力作」です。
これだけのものを集めるとなると、所蔵者は博物館・美術館のみならず寺院や個人蔵など相当多岐にわたっています。まったくのド素人が見ても、これだけのものは、なかなか作れないだろうことは容易に想像できますデス。
posted by 氷川書房 at 18:46| この図録が面白い!

2007年01月27日

私年号のこと

足立区立郷土博物館
「平安から戦国の足立郡」
2003 A4版71頁

21787.jpg

題名は平凡(失礼!)ですが、「私年号」について一章を立てているのは企画展図録としては珍しいし、内容も興味深いです。
「私年号」は、朝廷が改元したわけででもないのに、どっかの誰かが勝手に新しい年号を制定してしまうことです。

なんとなしに「異次元」的というか「異世界」的な興味を引くテーマゆえか、「日本私年号の研究」なんて本の古書価はかなり高いことで知られています。
本図録によれば、私年号の中には、実在したのかどうか、また、実際に通用したかどうか疑わしいものが多いようですが、「15世紀後半以降になると関東を中心に東国から東北にわたる広範囲に通用した私年号が出現する」そうです。
やはり中世までの東国は「別世界」だったんですかね。
しかし実際には「京都で改元が行われた」と信じられて通用していた私年号もあるそうなので、いまひとつ「西国的権威」から離れられない「西国コンプレックス」も一方では強かったのか−などと考えてしまいます。

さて、実際の通用例では「弥勒」なんてのがあります。なかなか良いですね。救いのない殺伐とした事件が頻発する現代にピッタリじゃないですか?
posted by 氷川書房 at 12:32| この図録が面白い!

2007年01月26日

箪笥の誕生

家具の歴史館
「日本の箪笥展」
昭48 24X25cm 72頁

21764.jpg

大名道具など一流工芸品としての箪笥は別として、日常生活に使われた箪笥の展覧会は思ったほど多くありません。
上記は数少ない日用箪笥をテーマとした展覧会の図録。
このテーマの展覧会図録としては比較的ポピュラー(といっても2-3年に1回ぐらいしかお目にかかれません)。
これ以外に、当店が扱ったことのあるのは、福井県の「三国箪笥展」ぐらいです。
この図録によると、箪笥の原型は「厨子」なのだそうです。
言われてみれば、その通りなのですが、「厨子」というと「正倉院」なんて言葉を思い浮かべてしまい、ウチにある箪笥も、なにやら由緒ありげに見えてしまいます。
少し意外だったのは、元禄頃までは、収納具といえば「長持」で、箪笥が普及するのは江戸時代中期以降という記述。
江戸時代の最初の百年は、日本人の生活文化に革命的な変化をもたらした−とはよく言われることですが、箪笥でも、それは「真」であったわけです。
posted by 氷川書房 at 17:22| この図録が面白い!

2007年01月25日

音楽の図録のこと

沖縄県立博物館
「三線のひろがりと可能性」
1999 A4版79頁
21132.jpg

国立劇場
「近世の外来音楽−長崎の明清楽・隠れキリシタンのオランショ」
昭52 B5変型版18頁
21361.jpg

上野学園日本音楽資料室
「日本の楽譜展−天平琵琶譜から幕末の鼓笛譜まで」
昭58 B5版44頁
21703.jpg

 同
「中世の音楽資料−鎌倉時代を中心に」
昭61 B5版32頁
21704.jpg

 同
「声明資料展−講式」
昭59 B5版38頁
21705.jpg

東京芸術大学芸術資料館
「音楽取調掛特別展目録」
昭46 B5版32頁

21706.jpg

音楽関係の企画展は数が少なく、その図録もめったに見ることがありません。

なお、国立劇場のは公演のパンフで、正しくは図録でなく、東京芸大のも図版はなく、あくまでも展示資料の解説なのですけど。
この中で、私のような門外漢の興味を最も引くのは、やはり「日本の楽譜」でしょう。
60もの楽譜が一部写真つきで紹介されていますが、それぞれの楽譜の読み方までは詳説してくれないので、「いったい、これはどういう法則で書かれているのか・・」と、考えるだけで面白い。
もっとも、考えたところで何もわかりはしませんが・・。
直感的に、なんとか理解できるのは慶応年間の「英国式軍楽鼓笛譜」。
英国式といっても薩摩か佐賀の刊行らしいですが、鼓笛手になる人が、すぐに理解できるようになっているのでしょう。
posted by 氷川書房 at 11:18| この図録が面白い!

2007年01月24日

縄文人と鳥

かみつけの里博物館
「鳥の考古学 神・精霊・人の死−古代人の精神と密接にかかわる鳥の造形たち」
1999 A4版45頁

20680.jpg

考古学に登場する動物で最もポピュラーなのは馬でしょう。
「騎馬民族説」がセンセーションを巻き起こしたのはいつでしたか・・。
ですから「馬」関連の展覧会図録はよく見かけますが、「鳥」は珍しい。

もっとも「犬」の展覧会もないかな? 猫は・・。 猫が日本に入るのは、ずっと後、奈良時代ぐらいですか。

この図録によると縄文時代の遺跡からも鳥の骨などは出土するのだが、鳥の造形物はほとんどない、そうです。
意外なことに縄文人は鳥にあまり関心がなかったのだ!
鳥の造形物がぐっと増えるのは弥生時代から。鳥が神聖視されるようになったそうだ。
この間に、日本人にいったい何が起こったのか?
縄文人と弥生人は骨格からして違う、別民族だとも言われます。
そう考えれば何の不思議もないですが・・
が、後々まで縄文文化が色濃く残った東日本はともかくとして、西日本でも縄文人全員が死に絶えたわけでもありますまい。むしろ相当数の縄文人が、大陸から渡って来た人々とゆるやかに混血などを繰り返しながら変質していったはず。
「縄文」と「弥生」(網野善彦氏に言わせれば「東日本」と「西日本」ということになるか)の問題は、「鳥」という断面から見ても奥が深いなあ・・

動物関連といえば、こんなのもあります。メジャーな館の図録ですから、ご存知の方・お持ちの方も多いでしょう。

国立歴史民俗博物館
「動物とのつきあい−食用から愛玩まで」
1996 A4版118頁

18806.jpg

犬は縄文時代には大切に埋葬されていたのが、弥生時代になると食用にされ、埋葬の習慣は消えたそうです。
カワイソー。
うーん、縄文と弥生の落差はここでもデカイなあ。
私などは縄文人の血を引く(?)バリバリの東国人ですから犬を食べるなど想像するだけで気持ち悪いです。
posted by 氷川書房 at 12:56| この図録が面白い!

2007年01月23日

芸術をささえるもの

松戸市立博物館
「デザインの揺籃時代展−東京高等工芸学校の歩み〔1〕」
1996 A4版135頁
16187-1.jpg


松戸市立博物館
「視覚の昭和 一九三〇−四〇年代−東京高等工芸学校の歩み〔2〕」
1998 A4版167頁

16187-2.jpg

戦前のグラフィックデザイン・工業デザイン、そしてその国家宣伝との関わり
このテーマに関心を持つ人は多いのでしょう、その関係の文献は比較的多いです。

東京高等工芸学校は芝浦の校舎が空襲で被災した後、松戸に移転し、そのまま千葉大学に編入された経緯から松戸市教育委員会も関係資料を収蔵しているようです。
その縁での連続企画展の図録が上記です。

直接関係ない話で恐縮ですが、先日多川精一氏の著作を読んでいたら、こんなことが書かれていました。
多川氏が、戦時中のプロパガンダ誌「FRONT」で有名な東方社に勤めていたのは周知ですが、その頃、アメリカ側のプロパガンダ誌「VICTORY」を手にする機会があったそうです。
そして東方社のスタッフが衝撃を受けたのが、その用紙だったとか。

「FRONT」は復刻版も出て、その斬新なデザイン力には私も驚きましたが、写真をきれいに刷るためには上質の重い紙を使わねばならなかったそうです。
ところがアメリカ側の用紙は、写真のりが良いのにもかかわらず極めて軽くできていた
そのことがショックだったというのです。

満洲から太平洋戦線まで広範囲にバラまくのが目的の雑誌なのに、「FRONT」は重くて航空輸送に不利だった
というわけです。

なるほどプロというのは、そういうところを見るものなのか。

そういえば、当時の日本の軍用機も設計上の性能は優れているのに、工芸品的に精緻なメカニズムゆえに荒っぽい前線では故障や不具合が続出して設計上の性能が発揮できなかった−そんな話とも相通ずるものがあります。

現代に通ずる革新性と、それを支える基礎技術の不足−そんなことを考えながら、この2冊の図録を眺めています。
posted by 氷川書房 at 08:51| この図録が面白い!

2007年01月22日

町田市立博物館のこと

町田市立博物館
「どびん−その歴史と諸国の窯」展
昭58 B5版56頁
19262.jpg


町田郷土資料館
「落雁展−徳川期の菓子木型を中心に」
昭50 B5版82頁
19263.jpg


横浜マリタイムミュージアム
「船と旗」展
1994 B5版43頁

19264.jpg

町田市立博物館は「手ぬぐい展」とか「木綿以前のこと展」「火の昔展」など民俗学関係のユニークな企画で知られていますが、「どびん展」というのも面白い。
言われてみれば当然なのだが、「どびん」にもこんなにいろいろな窯元があるなんて考えたこともなかったです。

さらに面白いのが「落雁展」。お菓子の落雁の木型ばかりを166点も集めた図録なんて、他にありますかね?
一般書籍を含めても類書はないのでは?

「類書がない」という点では横浜マリタイムミュージアムの「船と旗」も面白い。
江戸時代の船名幟や明治・大正期の海運各社の主旗を集めてあります。
posted by 氷川書房 at 09:30| この図録が面白い!

2007年01月21日

飯田操朗

姫路市立美術館
「飯田操朗と前衛の時代」展
1996 A4版111頁

19047.jpg

28歳で夭折したフォービズムそしてシュルレアリスムの画家飯田操朗。
戦前のこの種の画家の中では色彩のきれいなところに魅かれます。

遺作の多くが戦災で焼失したこともあり、飯田がメインの展覧会は、これが唯一のようです。
死の翌々年に、仲間だった福沢一郎が編集し、瀧口修造なども文章を寄せた「飯田操朗画集」は、ビックリするほど古書価が高いですね。

現在遺っている作品がカラーで見られ、「画集」所収作品も参考掲載され(当然モノクロですけど)、おまけに飯田関連の写真や関連雑誌記事なども収められた、読み応えタップリの良い図録です。
posted by 氷川書房 at 09:52| この図録が面白い!

2007年01月20日

「古」墳になるまで

芦屋市立美術博物館
「古墳と伝承−移りゆく”塚”へのまなざし」展

1993 B5版24頁

18665.jpg

古墳関係の図録は数あれど、「古墳のその後」に焦点を当てた企画展は他に見たことありません。
たった24ページの薄い図録ですが、古代以後、古墳のたどった運命(?)を顧みる企画展です。

そのまま(一般人の)墓地となった古墳、手水鉢となった石棺、仏像が安置されていた古墳、納骨堂になった古墳などなど。

もっとも、企画の主眼は、表題からもわかるように古墳にまつわる伝承の方にあり、「黄金千枚が埋められている」だの「在原業平のお父さんの墓だ」とか、江戸時代あたりの「ものしり」が適当なこと言ってた感じが、また面白いです。
posted by 氷川書房 at 16:47| この図録が面白い!
Powered by さくらのブログ