2014年08月15日

動物たちへのレクイエム

393260.jpg埼玉県平和資料館
「テーマ展 戦争と動物たち」
A4版45頁 平23



毎年この時期、戦争を扱ったドキュメンタリーなどを見かけることが多いですね。
もう5〜6年前になりますかしら、クリント・イーストウッド監督が太平洋戦争の激戦・硫黄島攻防戦をテーマに連作映画を撮ったのを覚えてませんか?

その一作「硫黄島からの手紙」で、こんなシーンがありました。

日本のどこかの町、憲兵が歩いていると、とある家の飼い犬がワンワンと吠える。
憲兵は有無を言わさず犬を射殺する。

そんなバカな!! いくらなんでもそんなこと現実にあるはずない。ハリウッド映画はめちゃくちゃ描きよるなぁ

と観ていた私は思いました。

が、あながち見当違いでもない−ことを、この図録で知りました。

「犬の献納運動」
そんなものがあったんですね。初めて知りました。
誰がそんなこと考え出したのか。
飼い犬の献納を呼びかける当時のパンフが収録されています。
そこには「犬の特別攻撃隊を編成して」なんて書いてあるけど、まさか本気でそんなこと考えていたわけではあるまい。
そうして集められた数十万頭の犬は
「人目につかないところで撲殺された」・・・・

いったいなんの為に・・・・

「象の花子さん」だけではない、数え切れない動物たちを襲った悲劇を伝える資料集です。
処分された猛獣たち、戦場に散った軍馬・軍犬たち、浮かばれない何十万・何百万の命。それを知ったところでボクにはどうにもできないけれど、でも、知っているからこそ思いを馳せることもできる。
知ることは大切なんです。。。
posted by 氷川書房 at 00:00| この図録が面白い!
Powered by さくらのブログ